お金がなくて苦しくて…
もう生きてられない

お金がなく生きていく希望がない女性

そんな風に思ったことありませんか。

まさに僕はそうでした。

お金の苦しみというのは、死をも連想させる恐怖です。

もしかしたら食べられなくなるのでは?
借金取りに脅されるのでは?

こんな風に↓
借金取りの男性

取り立てられるのでは、って考えたら

生きた心地がしませんでした。

人によっては最悪なことを考えてしまいます。

とことん精神的に追い詰められてしまう人もいるでしょう。

今回のこの記事は、そういった僕のつらい過去の経験を活かして書いてあります。

僕は、会社員を辞めた当時300万円近くあった貯金が、無意味なことに使いすぎて…

まったくない!
貯金がゼロで苦しい男性

そんなときもありましたが、そういったお金がない恐怖から抜け出せるきっかけとなりました。

さて、今回話すのはこういった内容です。

これら7つのことをわかっておくだけも構いません。

それで僕みたいにお金で苦しむことが格段に減ると思います。

騙されたと思って最後まで読んでみてくださいね。

では、解説していきます。

というより、まずは、

1、拝金主義をほどほどにしよう

お金があれば何でもできる!

豪華な家も、世界一周旅行だってできる!
なんだって思い通りだ〜!
お金持ちで拝金主義の男性

そのようにお金がすべてと思っている人を言います。

「拝金主義者」と言います。

もちろん彼らのいうことには一理あります。
ここで全否定したいわけではありません。

ただ、100%拝金主義者は問題ありです。

なぜなら、そういう人はお金があるうちは安心していられるけど、お金がなくなった途端に、

お金がない自分、なんて最低なんだ
この世で生きてても仕方ないのでは…
生きてる意味がわからない女性

と考えてしまうからです。

そうならないためにも拝金主義はほどほどにしておきましょう。

こちらの本もぜひ読んでみてください↓

Amzonでみる

読めば、お金がなくても幸せになれることがきっと分かります。

でも、逆に、

2、お金の悪口を絶対言わないこと

お金に困っている人に限って、「お金持ち」に対してひどく悪く反感を持つものです。

「お金持ち?ろくなのいないじゃない!」
「どうせわるいことして儲けたんでしょ」
「お金じゃないよ、大切なのは…」

お金の悪口をいう女性

たしかにその通りかもしれません。
ですがそれが本当だとしてそれを聞いたお金はどう思うでしょうか

「そうかそんなに嫌われてるんだ」
「じゃあこっちも嫌ってやる」
「この人のところになんて行くものか」

そう思ってしまうかもしれませんよね。

だからお金の悪口は絶対に言わないこと

口が裂けても言ってはダメです。
お金で苦しまないためには・・・ね

仮にでも、お金は人と同じ感情が持ったものと考えて接しましょう。

お金に愛されるために・・・

それから

3、クレジットカードは2枚以下に

あなたはクレジットカードを持ってますか。

僕はスマホのSIMの支払い用に持っています。

ポイントもたまるし買い物も楽ちんです。
(といいつつ、普段はまったく使ってませんが・・・。)

ただし、持ちすぎなのは考えもの。
一人で10枚とか持っている人もいますが、いったいどうやってお金の管理をするのでしょうか。
できるわけがありませんよね。

きっとこうなりますよね↓
クレジットカードで借金地獄の女性

だから、せめて2枚くらいにしておきましょう。

それでもダメなら1枚にするべきです。
あるは持つべきではありません。

不要なものは切ってしまいましょう↓
クレジットカードを切る様子

そして、どうしても持ちたいのなら、即時払の「デビッドカード」を使うようにしましょう。

クレジットカードに関してはすべて自己責任で。

それから、

4、悪い借金は絶対しない

借金には「いい借金」と「悪い借金」がある、
という話を聞いたことがあるでしょうか

いい借金とは、お金が返ってくる借金

将来、返す当てがあり、かつ借りた以上にお金が戻ってくると見込めている借金です。

たとえば、起業したときに一時的にお金を借りるとか。それだったらよいでしょう。

だって、あとで返せるのですから。

でも、問題なのは悪い借金です。

悪い借金とは、返せるあてがない借金

返すことが見込めないのに自分の見栄やエゴのために借りてしまう借金のこと
消費者金融で問題になるのはこれです。

一時的な快楽を満たすために借金をするとろくなことがありません。

だから、もし借金しなければならないとしても、悪い借金は絶対にしないこと。

そして、いま仮に悪い借金をしているとしたら
一刻も早く返すことです。

(これに関しては「いい借金」も同じです。)

借金の金利は本当にバカになりません。

とくに複利の場合はあなたが思っている以上です。
手が施せなくなるまえに返しましょう。

なお、こちらも参考まで↓

お金がない、どうしよう…と不安になったときの7つのパニック克服法

それから、お金に苦しまないためには

5、お金の味方と敵を見分けよう

世の中は敵がいます。
なんの敵かというとあなたのお財布からお金を引き出そうとする敵です。

もちろん、そういう敵ばかりではありませんが、
中にはいます。そして、見てるとわかりますが相手は必死です。
ありとあらゆる手を使ってお金を取ろうとする。

詐欺グループなんかがその代表でしょう。
おいしい話で儲けようとする男女

もちろん、そのなかには真っ当なビジネスというものもあります。順当な商売であればいいのですが、でも気をつけてください。

でないと、場合によってはいつまでたってもお金を搾取される側かもしれません。

「これ、儲かりますよ」は、
(あなたでなく私たちが)儲かりますよ」
なのかもしれません。

あなたはどうでしょう?

本来必要ないものまでお金を払うことになる人生を望みますか?

そんなの嫌ですよね。

だったらこの世のお金の仕組みをもっと勉強することです。

こちらにも書いてあります↓

人に流され騙されないために知っておきたい7のこと

そして、お金に困らないために

6、あらゆる依存から自立へ

お金に困っている人とそうでない人
その違いはズバリ

依存しているか、それとも自立してるかです。

もちろん100%自立しろ、と言いたいのではありません。

しかし、依存ばかりして頼ってしまうとそこから先、進展がないのも事実です。

親に頼る、親戚に頼る
(たまにはいいでしょう。)
会社に頼る、政府にたよる
(それでいいのかもわかりません。)

ですが、挙げ句の果て消費者金融に頼ってしまっては・・・

いつまでたってもお金に苦しい人生ですし、
貧しさの歯車にされているだけかもしれません。

だから、今からでいいんです。
少しずつでも自立を目指しましょう。

自立とは自分の足で立つことです。

頼れるところは頼ってもいい、だけど初めから相手ありきではなく、自分でやってみる。

その姿勢がお金を引き寄せ、やがては稼ぐ知恵へと繋がっていくのだから…

そんなわけで最後に、

7、不自由なお金思考を抜け出そう

僕は昔、お金に対して不自由な考え方しかできていませんでした。

だけど、これだけは言わせてください。

いつまでも不自由な思考してちゃダメだ!
サラリーマン思考を非難する男性

と。

その不自由なお金思考とは…

  • 給料が時間給
  • 休みは土日祝だけ
  • 嫌なお客にも頭を下げなくてはならない
  • 残業は当たり前
  • 休日出勤もあり
  • たまの休みはぱ〜っと散財

そして、
・以上が、当たり前だと思っている

そういう思考です。
もちろん、いま生活がカツカツで苦しい人は不自由な環境の中で稼ぐのも大切ですし、精一杯でしょう。
僕もそうだったのでわかります。

だけど、一生それでいいのか、と自分に聞いてみてください

死ぬまで本当にここでやっていけるのか。
即答でイエスと言えないなら、ちょっと不自由ですよね。

だから、あなたには不自由なお金思考ではなく
自由なお金思考を身につけてほしい!
そう思うんです。

一方の、自由なお金思考とは…

  • 給料は業績給、やればやるだけ儲かる
  • 休みは自分で決められる、仕事も自分で決められる
  • お客さんは自分で選べる
  • 残業や休日出勤はやりたいときだけ
  • コツコツ貯金&投資をしていく
起業して独立をしていく男性

このようなお金に対する考え方です。

少なくとも僕はこの思考に切り替えてから金運が上がったように思います。また、お金の苦しみから脱却することができました。

あなたもぜひそうなりますように…
(ただし、いまお仕事がすでにある人は辞める必要はありません。)

こちらの記事も参考までに↓

いまの仕事を続けるべきか、それとも辞めるべきかで悩むとき、考えたい7のこと

・・・

というわけでいかがでしたでしょうか。

少しでもあなたのお金の不安感が和らいだならこれにまさる喜びはありません。

では、まとめと補足です。
読み飛ばしたところもあるかもしれないので、
ここだけでも読んでみてくださいね。

【まとめと補足】

  • 1、拝金主義をほどほどにしよう→お金がすべてではなく世の中はバランスです。仕事、家族、恋愛、健康、すべて大事なことです。
  • 2、お金の悪口を言わない→お金の悪口をいうとお金に嫌われます、金運が下がります。事実お金では幸せを買うことはできませんが、お金で自由を買うことはできます。だから悪口は言わないことです。
  • 3、クレジットカードは2枚以下に→計画性がないのであればクレジットカードは持たないという選択もあります。持ちすぎ注意です。
  • 4、悪い借金は絶対しない→いい借金はしても悪い借金はしないことです。とくに見栄やエゴのためにお金を使うのはやめましょう。泥沼です。
  • 5、お金の味方と敵を見分けよう→お金の敵に支配から抜け出しましょう。お金の味方を増やしましょう。そのためにはお金の教養を学んで身につけることです。
  • 6、あらゆる依存から自立へ→依存している限りお金に自由になるのが難しいです。どこかで自立する準備をしていきましょう。
  • 7、不自由なお金思考を抜け出そう→どんな働き方でも構いません。ですが、どうせ働くならお金に自由な思考のマインセットで働きましょう。仕事のしがいが変わってくるはずです。

さて、以上になります。

いつの日か、あなたから
「お金の苦しみから解放されました!」
という嬉しいコメントをいただける日がくることを楽しみにしています。

あと、こちらの記事もよかったら↓

貯金ゼロ、お金がない、生きていけないと本気で信じ、苦しんでいるあなたへ

では、今回はこれで!
また次回もどうぞお楽しみに。
最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸です:
2020年7月ですね。この記事は旧ブログTHE FREEDOMの2018年6月の投稿から修正しながら引っ越したものになります。
そして、コロナウイルスの感染者がまた東京で増えてきていますが、何事ともなく収まっていくことを願っています。